Kensington SlimBlade 修理

スイッチの反応が悪いので修理してみました。

まず接点復活剤を使ってみましたが、さらに悪化。カチカチ音すらしなくなりました・・

以前、Turbo Mouseを修理した時の部品(OMRON D2F-01)が余っていたので、見比べてみると、ほとんど加工無しで付きそう、

足を1本切って、

部品の取り外し失敗・・
テキトウな黒いケーブルで直して、

仮組みしたら、スイッチがカタカタうるさいので、裏に鉛シート貼って、完成。

懐かしいクリック音。今までより少しだけスイッチ重くなるけど、剛性感あっていいです。

・後日、スペアパーツが無くなったので秋葉原に買いに行ったら「D2F-01F」という型式のスイッチがありました。
店員さんに聞いたら、電気特性が違うのと、押した感触が軽いとのこと。
まだ付けてませんが、こちらの方が交換しても違和感少ないかもしれません。

関連する記事:

    None Found

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です