ProtoolsHDX mac入れ替え

長年使い続けていた銀macproからmacminiに入れ替えました。
macOS catarinaが発表されたのでmojave搭載のmac買うのは今しかない。このタイミング逃すと、ずるずると1年先、2年先になってしまいそう。

入れ替えにあたり、大概の情報は検索すれば出てきましたが、調べても出てこなそうなマイナーな情報を書いておきます。

Sonnet Echo Express III-D


持ち運びがあるのでラックタイプIII-Rにしようと思ってましたが、たまたま展示品が安価で出ていたのでデスクトップ型を購入。小さい足4個取ると、ぴったり2uのラックに入りました。ラックの中にカーペット貼ったりして突っ込んでます。
ラックの奥行きは450サイズ。400くらいがちょうど良さそう。360だとフタが閉まらない気がします、たぶん。

macmini ラッキング


もっと綺麗にまとめたかったですが、MIDDLE ATLANTIC RC2 2Uシェルフ にタイラップ等で強引に留めてます。最初は2uラックに入れましたが、隙間が少なく熱がこもるので3uに変えました。
コンピューター自体は小さくてスタイリッシュなのに、ラック化してゴテゴテにデカくなってしまいました・・

MIDIインターフェース


ほとんど使うことないですが手元にある機材は、懐かしのM-audio Oxigen8、MIDIsport2x2
機種名で検索すると最新ドライバーは3.4.0のようですがmojaveにはインストール出来ませんでした。
現行機種用のドライバーMIDI USB Driver v3.5.3 (MAC)をインストールしたら使えるようになりました。
ただMIDI設定を開くと設定を読み込めない時がたまにあります。

UVI Falcon


全部SSD環境になったのでPreferences – Streaming – HardDrivetypeをVeryFast(SSD)にしていたのですが、この設定だと、Protoolsにそれほど負荷が掛かって無い状態でもプラグイン画面開くだけで再生停止してしまいます。今はMidiumにしています。

パフォーマンス


Link Mac Benchmarks

いちおう普通の情報も。
グラフィックが弱いのは覚悟してましたがファインダーがもたつくのはちょっと残念。もしかしたら設定で改善するのかもしれませんが。
以前のシステムではProtoolsのCPU使用率50%くらいだったセッションを開くと半分(25%)くらいになりました。今の自分のMIXテンプレートだとまだ余裕があります。

関連する記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です