Ry Cooder – Hey Porter [Remix]

Ry Cooderの1972年のアルバム『紫の峡谷』(Into the Purple Valley)B.2「Hey Porter」をRemixしてみました。
オリジナルにはドラムが入ってなくて、打ち込みでリズム加えたら面白くなりそうだなという単純な動機で。

男が列車のポーターに話しかけている歌
加えた音は、ガタガタ走る列車、蒸気音、すれ違う列車、汽笛、ブヒブヒ言っているシンセは騒いでる乗客、動物の鳴き声、そんなイメージ。

まだ20代だったライやバックミュージシャンはどんな情景を思い浮かべながら演奏したのかな

関連する記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です