Waves v9 v10 v11 複数バージョンを使用する方法


今まで、たまたまインストールした順番がよかったのか、問題なくv9 v10 v11共存出来ていました。

先日、V9のインストールしていないプラグインがあったのを思い出し、追加でインストールしたらV9のプラグイン全部が表示されなくなってしまいました。

V10では解決方法が複雑だったようですが、現在V11では
Waves Centralを立ち上げて > 左下Settings > Maintenance > Version Organizer > Run
または、Repairボタン
で、どのバージョンも表示されるようになりました。
使用環境はProtools AAXです。

ここ数年Wavesあまり使っていなかったけど、StudioRackが使いやすそうなのでWavesに戻ろうかな・・

関連する記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です