USBメモリ日記 (Waves License Center)

USB

プラグインの64bit化がずいぶん進んだのでProtools11に移行中。

WAVES V9のオーサライズ用にUSBメモリを買おうと思って検索してみたけど、どうも画像ではどれがいいのかよく分からないので電気屋へ。
ところが、最近はどの電気屋もUSBメモリはプレートが置いてあるだけで現物見れないんだった。
電気屋行ったのに画像で品選び。。

質感が良さそうなのはこれかなあ、画像だからよくわからないけど。
Amazon
でも可動部分があるタイプは、なんか壊れそうなのでやめておくか。

これはシンプルでよさそう。これにしよう。
Amazon
帰宅後開封してみると、イメージと全然ちがう。ずいぶん安っぽい。
ボディーがぺらぺらのプラスチックで、振るとカタカタいってる。
ここに大事なライセンスは入れられないなぁ、買い直そう、、

気を取り直して
頑丈さで選ぶなら、もう数年使っているけど全然壊れない
Amazon
これにしようか。
ただ、本体が重たくてmacproの前面に差すと、傾いてしまうのか、認識しない時がある。ちょっと心配。

失敗もしたし、どういうの買ったらいいのかしぼれてきた。
軽くて小さくて頑丈な物にしよう。
rakuten
Kingston 8G Silver
これにしました。
値段が安いので現物触るまで心配でしたが、質感もいいし満足。

ところが、Waves License Centerがどうも不安定。
原因を探って行くと、どうやらUSBハブがあやしいような気がする。
PICT0003
かなり古い物なので、買い替えてみよう。

そういえばUSBハブも過去に失敗しているなあ。
本体のデザインだけで選んだら、アダプタがでか過ぎるとか、アダプターが邪魔な方向に付いているとか、、
(3方向にケーブルが出てしまうなんて・・)

これにしました。
Amazon
これはたぶん大丈夫そう。(アダプタは若干大きめだったけど)

世の中いろいろ物価が安いけど 「失敗したー」 を含めると安く済んでる気がしません。

関連する記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です